ABOUT “Re-TAiL”

Re-TAiLについて

ビルも歴史も、マテリアル。

繊維の繁栄を見つめてきたレトロビルが、新しい歴史を刻み始めます。 ビル全体を「Re-TAiL(リテイル)」として、繊維を主軸にファッションやデザインなど創造的なテナントやアトリエ、展示やイベントなどを集めます。産地の繊維組合が保有する築80余年のビルもひとつのマテリアルととらえ、この産地ならではの発信拠点として、内外から活用して頂けるよう願ってやみません。一般、学生、デザイナー、繊維、ファッション、デザインに関心のある方、みなさまのご参加、ご来訪をお待ちしています。

Re-TAiLとは

Re-TAiLとは「Re(再び、新たに〜し直す)」の意を持つ接頭辞と、「Textile Art in Life(良い素材のあるくらし)」の頭文字からなる造語。「TAiL(尾州の尾)」と、「Retail(小売り)」にもかけています。今までB to B(企業間取引)がほとんどだった尾州に、B to C(企業と個人の取引)も取り入れて、産地の素材の魅力を広く一般消費者にも伝えたいという思いを込めています。

見える、尾州

RRR MATERIAL PROJECT」をキーテナントに据え、内外のブランドも採用する産地の上質なテキスタイルや、普通は流通しない見本反まで、新旧のさまざまな繊維素材を揃えます。Re-TAiL事務局としてビル全体を企画&管理するオフィスも兼ねて、一般の方からデザイナーさんまで、素材とみなさんとの窓口のような役割を目指します。

テナント入居・イベント利用

Re-TAiLでは、ビル活用コンセプトに沿ったクリエイティブな活動の発信や、創作活動の場として、個人、企業のテナント入居・イベント利用を募集しています。 歴史あるこのビルで、人と人との繋がりを大切にしながら、あたらしく創造的な場づくりに、ぜひご参加下さい。

「尾州」とは

尾州(びしゅう)

愛知県一宮市を中心とした尾張地域は、「尾州」と呼ばれ、昔から織物産地として発展してきました。現在も総合繊維産地として日本有数の規模と技術を誇り、毛織物をはじめ多様な素材を創造し、国内外のアパレルなどに採用されています。

世界三大毛織物産地

世界三大毛織物産地

尾州はビエラ地域(イタリア)、ハダースフィールド地域(イギリス)と並んで世界有数の高級毛織物産地です。
日本国内では最大の毛織物産地で、国内生産量の約8割を占めています。

ノコギリ屋根

のこぎり屋根

尾州には「ノコギリ屋根」の工場が沢山あります。
これは、広い場所に均等に採光する場合に用いられ、色ムラや織り傷の発見など、品質チェックにも関わる重要なものです。

ガチャマン景気

織機

1950年頃は、「(織機を)ガチャンと織れば万の金が儲かる」ことから、「ガチャ万」といわれた景気がありました。
糸偏の付く漢字の業種が儲かったことから「糸へん景気」とも言われています。

分業制

尾州の製織工程では、親機(おやばた)と呼ばれる生産業者が、子機(こばた)と呼ばれる専門の協力工場に外注して反物に仕立てています。
全体では工程は大きく分けて5つあり、その基本的な順番は次のような分業体制で成り立っています。
※製品によって順番が変わる場合があります。

  • 1

    紡績ぼうせき

    羊の毛や綿花の綿から糸を紡ぐ。

  • 2

    撚糸ねんし

    糸を撚(よ)って様々な種類の糸を作る。

  • 3

    糸染いとぞめ

    糸を染める。

  • 4

    製織せいしょく

    デザインを起し、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を組み合わせて布を織る。

  • 5

    染色整理加工せんしょくせいりかこう

    布を染め、洗い、蒸す等して整え、風合いや機能性を付加する。

会社概要

Re-TAiLは2014〜15年まで開催された「RRR MATERIAL PROJECT」を基盤に、中外国島(株)キオンステューディオ、ミロス(株)、オパレックス(株)、木玉毛織(株)ほか、尾州産地の繊維企業各社のご協力により運営しています。

社名
株式会社リテイル
代表取締役
伊藤核太郎(中外国島株式会社・代表取締役)
専務取締役
稀温(キオンステューディオ・代表)
取締役
鈴木憲治(ミロス株式会社・代表取締役)
山本浩太郎(オパレックス株式会社・代表取締役)
監査役
木全元隆(木玉毛織株式会社・代表取締役)
資本金
1,000万円
所在地
愛知県一宮市栄4-5-11
営業時間
10:00 – 18:00
定休日
月曜日(祝日の場合は営業)
※各テナントの営業時間・定休日は異なります。

テナント入居、イベント利用のほか、出資等ご協力についても、お気軽にお問い合わせ下さい。